ダイエットを成功に導くためにはストレッチだけでは不十分

ダイエット効果を期待してストレッチをしているけれど、十分な効果が得られていないという方います。ダイエットの効率をアップするためにストレッチをするという方法は有用ですが、ストレッチをしたから痩せるということはありません。基本的なダイエットの考え方は、摂取カロリーより、消費カロリーのほうを、少なくすることです。つまり、ストレッチの動作自体では、カロリー消費の量はちょっとだけなので、ダイエットにはなりません。ストレッチは体を柔らかくする働きがあるかもしれませんが、エネルギーを多く消費する運動ではありません。筋肉がほぐれて血行が促進されることで基礎代謝がアップすれば、ダイエット効果につながります。ダイエット目的でストレッチを行う時に注意したいことは、ストレッチは直接的なダイエット効果はないということです。カロリー消費量を多くしたいと思っているならぱストレッチは効果が今一つなので、別のやり方も必要になります。いかに消費するカロリー量を増やし、摂取するカロリー量を減らすかが、ダイエットの鍵を握ります。消費カロリーを増やすという意味ではストレッチの効果は限定的ですが、全く無意味ということではありません。身体の柔軟性を良くし、関節の動く幅を広げるにはストレッチが有効です。関節の可動域が広がることで体を大きく動かせるようになり、運動をした際の消費エネルギー量がアップすることが期待できます。ストレッチそのものにダイエット効果は期待できませんが、間接的にダイエット成功に貢献してくれることが期待できるのです。

スポンサーリンク