紫外線をカットする効果のある商品について

日焼け止めクリームは、紫外線をカットするために使うものとしてまず考えるものといえます。この頃は、紫外線をカットできるという衣類も店頭に並べられています。日焼け止めクリームの紫外線カット効果は、化学的な成分によるものです。化学物質を積極的に肌につけたくない場合は、衣類の使用も効果が期待できます。大きく分けて2種類の効果で、紫外線は皮膚に届く前にカットされます。紫外線をカットするような素材を選択するか、加工方法に工夫を加えるかです。加工段階で紫外線カット効果を付与するものとは、紫外線吸収剤をでき上がった製品や、製品一歩手前の素材に塗布することで、紫外線カットの効果を持たせることです。製品としてでき上がった状態に紫外線吸収剤を吹きつけるほうは、長時間使っているうちに紫外線カット効果が低下しやすいとされています。一方、素材の段階で紫外線カット効果を持たせるほうは、国が安全性を認めている有機物質や、カーボン繊維やセラミック繊維などを、布地に織り込みます。紫外線カット製品として製造された素材は、紫外線をカットする効果期間が長く、経年劣化や洗濯による紫外線カット効果が減らないという利点があります。レーヨンや、ポリエステルを用いて、紫外線カット素材を製造します。紫外線カット素材は、綿100%というものはなく、化学繊維を使うものがほとんどです。

スポンサーリンク