ケミカルピーリングとは

ケミカルピーリングという美容法があります。古くなった肌細胞を除去し、その下層から新しい肌細胞がどんどん作られるように、金属アルミナや酸性の化学物質を皮膚につけて肌をリフレッシュさせるというものがピーリングの基本です。肌トラブルの中でもにきびや小じわ、シミ、くすみに対して効果的です。ピーリングといっても色々ありますが、ケミカルピーリングは特に有名なやり方です。ケミカルピーリングとは酸を使った新しい皮膚の再生を促す美容法であるとされており、主に美肌の為に行うものです。みずみずしくきれいな肌が蘇ったようなスッキリ感がある点がケミカルピーリングの特徴で、様々な方が利用しています。ケミカルピーリングは、個人の肌質や美肌治療でやりたいことによって薬の内容を調整するようです。ケミカルピーリングで使う代表的な薬液はフルーツ酸とも呼ばれるAHA(アルファハイドロキシン酸)、フェノール、TCAといったものです。AHAは皮膚のどの部分までピーリング効果をもたらすかの微調整が比較的やりやすいので、ケミカルピーリングでは主に使われています。オレンジやレモンに含まれるクエン酸やりんごに含まれるリンゴ酸などがAHAで、フルーツ酸ともいいます。いらなくなった肌細胞を酸の効果で取り除き、同時にコラーゲン生成作用がある繊維芽細胞の働きを活性化させて肌を若返らせます。酸性の薬剤にどういった効果があるか認識した上でケミカルピーリングの活用を検討してください。

スポンサーリンク