ボトックス注射による小顔効果

ボトックス注射による小顔効果についてです。美容施療による小顔は脂肪吸引や骨を削る外科手術が必要でした。ボトックス注射の登場により、小顔はずっと手軽にできるようになりました。小顔治療をボトックスによって行う場合、咬筋肥大によるエラの張った顔を小顔にする時にのみ有効です。咬筋という食物を咬む時に使う筋肉が発達して顔が大きく見えるのが、咬筋肥大という症状です。筋肉はよく動かしていると発達して厚くなり、使わずにいると細く小さくなります。ボトックスを注射し咬筋をしばらく動かない状態にして、筋肉の萎縮を促します。エラが張った状態が改善され、小顔になれるのは、咬筋の筋肉が小さくなることによります。ボトックスの効果は、注射をしてから1週間ほど経ってから表れるようです。小顔効果が出るまでじっくり待たなければならないのは、動かなくなった筋肉が萎縮するには1カ月以上はかかるからです。もし咬筋が動かしづらくなっても、側頭筋という筋肉もあります。あまりガムや固いものを食べないように心がけ、物を咬むことに支障はありませんが、咬筋を使う機会を減らすことで小顔効果が得られるでしょう。通常ならボトックスの小顔治療は、数十分程度で終わります。数日経てば消えていくのですが、ボトックスによって口の中に違和感が残る場合もあります。これを乗り越えれば小顔を手に入れることができるのです。

スポンサーリンク