目の下のたるみと脱脂術

目の下のたるみ対策の1つとして、脱脂術が知られています。目の下にある脂肪が、自重で下がってしまっている時に、脱脂術によって脂肪を取り除き、たるみをなくすというやり方です。脱脂術は大きくわけて2種類あり、目の下に穴を開ける方法と、まぶたの内側に穴を開ける方法とか知られています。目の下の部分を切り取って行う脱脂術は、脂肪を取りそして縫い合わせるわけです。目の下の2~3mmくらいの部分にメスを入れるので、抜糸が済めば痕跡が残ることは滅多になく、たるみだけを除去することができます。まぶたの内側に穴を開けて脂肪を取り出す脱脂術も、ごく簡単な内容です。目の下に対して行う脱脂術より短時間で終わるというメリットもあります。また、脱脂術であれば術後の腫れが引くまでの時間が短いため、すぐにメイクや外出が可能になります。他の人にほとんど知られずにすることができるメリットがあります。切る施術の場合、目の下の脂肪だけでなく周りの脂肪も一緒にとることができます。目の下のたるみだけではなく、全体的にたるみが多い場合は切る手術を進められる事が多いようです。目の下のたるみはそれ自体に目がいってしまうことが多いですが、顔全体のたるみがどのような状態になっているかで判断をすることも大事です。

スポンサーリンク