加齢により体重や体脂肪が増える原因

若いころは標準体型だった人でも、年をとったら太ってきたと思っていることがあります。年をとった時に太りやすくなくるのは、基礎代謝が下がっているためです。人間は、安静にしている時でも、身体機能を維持するために、カロリーを消費しています。最小限のエネルギーとは、運動などをしなくても消費されるエネルギーであり、体重や体脂肪の増減に大きく関っているものです。基礎代謝が下がらないようにするにはどうしたらいいかを知ることが、体重のコントロールでは重要です。昔は、ダイエットを考える必要が全くなかったという人でも、年をとれば基礎代謝は下がっていきますので、体重が増える可能性が高くなっていきます。年をとったら太ってきたという人は、基礎代謝が下がっているのに、若い頃と変わらない食事をしている可能性があります。太りすぎを予防するには、基礎代謝が上がるように、筋肉をつけたり、食習慣を見直すことです。身体の筋肉を増やし、基礎代謝をアップさせたいという場合は、運動といってもさほどきつい内容にすることはなく、ダンベルを使ったエクササイズや、バランスボールの運動等で事足ります。筋トレによって筋肉量が増えれば、基礎代謝量もアップして、消費カロリーを増やすことができます。太ももの筋肉や、背中の筋肉、下腹部の筋肉など、体の中で比較的大きめの筋肉を筋トレで鍛えることで、基礎代謝を効率的にアップできます。筋トレに不慣れな状態で、過度の負担をかけすぎると筋肉にダメージを与えることがありまえので、スタート時は軽い運動から行っていきます。年齢を重ねると基礎代謝が下がり、そのせいで体脂肪が増えやすくなるという点を理解した上でダイエットをすることです。

スポンサーリンク