肥満の原因について

なぜ肥満体型になったのかを探り、その原因に対して対策を講じることが、肥満解消のコツです。肥満の理由は様々です。そのため、原因除去の手段も人によって違います。どうして肥満になったのか、その原因をはっきりさせた上で、原因を取り除けることをすることがダイエットでは大事になります。よくある肥満の原因には、食べ過ぎ、飲みすぎなどがあります。食事の時間が一定していなかったり、カロリー過多な食事や飲み物を飲んでいると肥満になります。肥満の原因として、運動量が少なかったり、加齢などで基礎代謝が低い体質になることがあります。生命を維持するための必要最低限の活動エネルギーを基礎代謝といいますが、成人で平均1200キロカロリーといわれています。運動や生活改善などのダイエット効果がなかなか出ない人は、加齢などが原因で基礎代謝が下がり、脂肪が燃えづらい体質になってます。大腸を通るものは、食べたものから必要な栄養を胃や少々で吸収した残りになります。便秘状態になると、大腸に残っていた脂質や糖分が再び吸収されて、水分と共に体が必要とするものとして取り込まれます。太っている人の中には、ホルモンバランスや自律神経の兼ね合いで、肥満体型になってしまうということもあります。メンタル面の問題がストレスによって吸収を阻害したり、不要なカロリーまで体内に貯め込んでしまったりもします。食事の変化によるミネラル不足も肥満の原因となります。食事の欧米化に伴い肥満の人が増加しているといえるでしょう。自分に合う肥満対策を知るためには、いつ頃からのことで、肥満の原因は何かを振り返ってみましょう。

スポンサーリンク