お腹の引き締めをする時

今よりお腹を引き締めた方がいいという状態があります。肥満にならない薬は未だ開発されてはいませんが、体重を減らすために病院に行く方は少なくありません。体脂肪を増やさないためには、日々運動をし、生活リズムを規則正しいものに改善するといいでしょう。MRIで内臓脂肪や皮下脂肪量を測ると、結果を元に医師が肥満予防方法を専門的に指導してくれます。内臓に蓄積されている体脂肪量が多すぎて健康状態を悪化させている時は、肥満を解消するよう指導されます。CTスキャンで腹部の状態を確認することで、体脂肪計だけではわからない内臓脂肪のつき方や量を把握することが可能です。ウエストとヒップの比が男性1:1、女性1:0.8より大きくなると腹回りが大きすぎるため、健康維持のためにはお腹を引き締めることが求められます。ウォーキングやジョギング、腹筋でお腹の引き締めを目指しましょう。お腹の引き締めの為だとしても、激しい運動は心臓・筋肉・関節等に大きな負荷をかけ、逆効果になる事があるので無理は禁物です。ウォーキングは効率良く酸素を取り入れ、中性脂肪を燃焼させる有酸素運動です。お腹の引き締め内臓脂肪を減らす効果が期待出来ます。エスカレーターの代わりに階段で行き来をしたり、駅やバス停を1つ手前で降りてみたり、日頃の生活の中で運動の機会を作ることもお腹引き締めにいいでしょう。不規則な生活やストレスもお腹の引き締めには大敵ですので、健康的な生活を心がけましょう。

スポンサーリンク