石鹸洗顔のメリットとデメリット

洗顔料に普通の石鹸を使うという方法が一般化しつつあります。洗顔フォームやクレンジングが肌に合わない人にも石鹸洗顔はおすすめですが具体的にはどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。石鹸洗顔の一番のメリットは、不用意に角質をはがさないところです。お肌に洗顔料が残らないように、ぬるま湯を使うという方法があります。界面活性剤が残らないと、角質がはがれにくくなります。本来の役目を終えてからはがれるようになるのです。しっかりと肌が育つ時間を与えてくれるということです。こすらずに顔を洗うためには、石鹸を使ってしっかりした泡を作って、それを顔に転がすように30秒ほど乗せていきます。石鹸洗顔のデメリットは、アルカリ性であることによって敏感な肌にとっては刺激を与えすぎてしまうことです。他の洗顔フォームなどは界面活性剤が残り水分を保留するので、保湿効果があります。短時間で顔を洗うなどの点に気をつけることで、皮膚の保湿を維持しながら石鹸を使って顔を洗うようにすることが大事です。洗浄能力のないクレンジングクリームとすすぎ洗顔だけである程度肌を健康にしてから、石鹸洗顔を行うのです。肌が過敏な状態のときは石鹸洗顔をせずに様子を見るようにし、健康になってきたら石鹸洗顔に切り替えるという方法がおすすめです。

スポンサーリンク