にきび肌にはスキンケア方法の見直しが必要

にきびができやすくて困っている人は、肌の手入れの方法を変えてみると症状が改善する可能性があります。にきびが肌によくできる人は、肌のケアをするときに強い刺激を与えないようにすることが肝心です。にきびが気になるとつい肌を触ってしまいたくなりますが、触ると手に付着している雑菌が肌についてしまいます。雑菌によって、にきびをさらに悪化させることになるので注意しましょう。不用意ににきびを触って、壊してしまうと、肌にダメージが残って、にきび痕ができてしまう可能性もあります。にきびの周囲にある汚れや雑菌は取り除く必要がありますが、破れたり潰れたりしないように扱う必要があります。皮膚を摩擦しないように注意をしながら、洗顔料でキメの細かい泡をつくって、包むように洗いましょう。泡を転がすようにクッションにして、手が直接顔に触れないようにするのがポイントです。洗い流すときにもにきびに刺激を与えないように気をつけます。手のひらに水またはぬるま湯をすくって、すくった水の中に顔を浸すように洗い流させば肌への負担が軽減します。洗顔が終わったら、皮膚がまだ濡れているうちに化粧水や保湿クリームでのケアを行いますが、この際も直接きびに触らないようにしましょう。触ったり、つついたりするとにきびが悪化しますので、洗顔やスキンケアなど肌の手入れの際は細心の注意が必要です。

スポンサーリンク