しみの治療に使用されているハイドロキノン

ハイドロキノンの成分を活用して、しみを治療する美容クリニックがあります。しみのある部位に対しては、レーザー光を照射してしみを除去する方法や、薬剤を塗ってしみのある皮膚を溶かす方法があります。皮膚を白くするハイドロキノンを塗って、しみを取り除くという手段もあります。しみの原因は肌の酸化によるメラニン色素の生成ですが、ハイドロキノンには、この肌の酸化した状態を改善する効果があります。ハイドロキノンのクリームを塗っておくことで、メラニン色素は少しずつ体外に出ていき、結果として皮膚は白さを取り戻します。ハイドロキノンは、市販の美白化粧品にも配合されていますが、クリニックで処方されるものより、濃度が薄くなっています。より美白効果の高い施術を受けたいなら、美容クリニックでハイドロキノンをより多く含むクリームを処方してもらったほうが、しみ対策には有効です。ハイドロキノンの含有量が多いクリームをつけたほうが、速やかにしみのない状態になることができるでしょう。古い皮膚が取り除かれ、新しい皮膚が皮膚表面現れる1カ月後には、肌の白さが実感できるようになるでしょう。美白化粧品を数ヶ月使い続けても消えることのなかったしみが、1ヶ月程度で消えることも少なくないのです。膏薬を皮膚に塗るだけで手間もかからないので、確実に実行できます。ハイドロキノンを使ったしみ治療は高い需要があり、そばかすやニキビ跡を除去する治療にも使われることがあります。

スポンサーリンク