脂肪細胞の働きを理解して効率よく痩せる

具体的なダイエットの方法を決める時に、人体にある脂肪細胞がどのような影響をもたらしているかを理解し、ダイエットに役立てることがポイントになります。人間の体には、脂肪を燃やす効果があるという細胞と、脂肪を溜める効果があるという細胞とがあります。脂肪を蓄積する役目を担う細胞として白色脂肪細胞があり、ただ脂肪細胞といった場合には、この白色脂肪細胞を指すことが良くあります。カロリー供給が途絶えた時に備えて、白色脂肪細胞に脂肪を貯めておきます。1日で消費しきれなかった余剰カロリーが、どんどん溜まっていきます。白色脂肪細胞は、生まれた直後から思春期までは多くなり、以後は一定量になります。あとの脂肪細胞は、褐色脂肪細胞という名前がついていて、脂肪の燃焼に関わる働きを担っています。人間の体を温めるために、脂肪細胞を燃焼させて熱を生み出す機能を褐色脂肪細胞は有しています。体温を上げる効果があることから、褐色脂肪細胞はとても重要な細胞だとされていますが、白色脂肪細胞より少なく、年を取ると減ってしまいます。褐色細胞の働きは個人差が大きいことも知られており、褐色脂肪細胞の能力を上げる方法として、様々なことが考案されています。肩甲骨や、首の後ろが褐色脂肪細胞が特に多い場所なので、そこにシャワーをかけたり、周囲の筋肉を動かす運動をしたり、肩を出す服装をしたりします。褐色脂肪細胞の働きを促進するには、規則正しい生活習慣を確立することが重要であるという指摘もあります。肥満になりにくい体質になるためには、褐色脂肪細胞の働きを活発にし、体脂肪を燃焼しやすい状態にすることが大事です。

スポンサーリンク