夏ばてと栄養不足

栄養不足と夏ばての原因はどのようなことなのでしょうか。よく言う夏ばてというのは、下痢や便秘などを、食欲が低下し疲れやすくなることで起こす症状だそうです。夏ばての要因は、ミネラル分など体に必要な栄養が、汗をかくことで水分だけに限らず不足することだといいます。さらに原因としてあげられるのは、栄養吸収が暑さで消化器官の機能が低下することで十分にできずに栄養不足になり、体力が落ちるるといったことです。肩こりや頭痛が冷房で体を冷やしすぎたために起きやすくなったり、自律神経のバランスが外気との温度差により崩れてしまうことがあります。ますます夏ばての症状が進行するということが起きるのは、バランスの崩れが原因となって食欲不振となり、食事からの栄養摂取が不足することです。夏の暑さを乗り切るには体に栄養が必要です。夏になると増えるのが、食欲が低下するとのどごしのいいそうめんや冷や麦などを食べる回数です。栄養不足は解消されず、夏ばての解消にはなりません。ビタミンが豊富なモモやブドウを一緒に食べるだけでも栄養価は向上します。暑い夏は冷たい食べ物が美味しく感じられる季節ですが、胃腸からの栄養吸収率を高めるには温かいものを食べることです。栄養不足を意識した、良質のたんぱく質とビタミンやミネラルなどの食事で、夏ばてを防止するようにしていきましょう。栄養不足の無いように無理のない範囲で、夏ばて中で食欲が落ちてしまっていても心がけてみましょう。

スポンサーリンク