花粉症

花粉症と耳鼻科

花粉症の治療や改善には耳鼻科が一番です。やはり花粉症というのは鼻の粘膜がアレルギー反応を起こしているということが多いですから、花粉症の治療や改善には耳鼻科へ行きましょう。耳鼻科の中には、花粉症外来を設けているところなども今はかなり増えていますが、花粉症になって辛くなってから耳鼻科へ行くのではなくて、まだ症状が出ていない段階から耳鼻科へ行って花粉症についての相談をした方がいいと思います。花粉症の治療というのはほかの病気と比べると治るまでにかなり時間がかかりますし、薬で抑えることはできたとしても根本的なアレルギー体質の改善となると時間がかかります。ですからもしも、花粉症で悩んでいて耳鼻科へ行こうと思っているのであれば、ピークの時に花粉症の症状を出しながら行くのではなくて、ピークになる前に花粉症の症状が出る前に、耳鼻科へ足を運ぶといいと思います。耳鼻科は専門の先生がいますから、すぐに的確な花粉症対策を出してくれると思います。大人だけでなく子供も早めに耳鼻科へ連れて行ってあげましょう。子供の花粉症は場合によっては、学力低下にもつながるといわれていますから、集中力を途切れさせないためにも花粉症の相談は早めにいっておきましょう。

花粉症とアロマ

花粉症の症状にはアロマセラピーが効果があるといわれています。薬で花粉症を改善させたいと思っている人も多い中で薬というのは副作用もありますし、一時的に花粉症の症状を抑えることにはつながるかもしれませんが、根本的な改善にはならないと思います。そんなときにおすすめなのが、副作用がありませんから安心して花粉症の対策方法として利用できるアロマセラピーです。アロマセラピーというのは最近はとても女性に人気がありますが、エッセンシャルオイルと呼ばれる精油を使って、リラクゼーションをするということに利用されていましたが、これが花粉症にも効果があるといわれているのです。特に花粉症に効果があるアロマの香りとしては、ティートリーと呼ばれるものや、コアラが食べているユーカリの香り、そしてペパーミントなども花粉症に効果があります。今紹介したオイルは、殺菌効果がありますし、また鼻づまりや咳が出るといった症状を改善、緩和してくれる効果もあるのです。それだけでなくアロマの本来のリラクゼーション効果もありますから花粉症によるストレスを解消してくれて、花粉症への抵抗力もアップさせてくれます。だいたい花粉症のピークから始めるのではなくて、2-3か月前から始めるのが花粉症対策に効果的とされています。

花粉症とレシピ

花粉症には食生活の改善も必要といわれているのですが、食生活の改善に役立つレシピがあります。花粉症に悩んでいる人はレシピを探して作って食べることによって、少しでも辛い花粉症の症状が改善されるといいですね。花粉症のレシピは色々とありますが、たとえばレンコンというのは、花粉症に効果があるといわれていますからレンコンを使ったレシピを調べてみてもいいですね。他にもよーグルト、ミントなども花粉症の緩和に効果があるといわれていますから、それらの食材を組み合わせて自分でおいしい料理やお菓子のレシピを作ってみるというのもいいかもしれませんね。花粉症のレシピを調べるのにとても便利なのがインターネットです。今は色々なことが手軽にインターネットで調べられるようになりました。料理のレシピももちろん色々と掲載されていますから、花粉症のレシピを調べてみるというのもいいかもしれませんね。花粉症のレシピを調べてみると本当に色々な数があります。レシピを見ながら自分でアレンジしてもいいですし、食材だけ調べて自分でレシピを考えてみるというのもいいかもしれませんね。いろいろと花粉症のレシピが掲載されていますから、一つ一つ試してみてはいかがでしょうか。

花粉症の検査

花粉症の検査というのは今色々なものがありますが、自分が花粉症なのかしっかりと調べておくということは、これから先花粉症と向き合っていく上で、とても大切なことになると思います。アレルギーを起こしている原因になっている花粉などの抗体というのは、鼻から吸います。ですから鼻から検査をするのかと思っている人もいるかもしれませんが、現在花粉症検査というのは血液検査で行われています。しかし血液検査といっても、1度の血液検査だけでは、体の中で起きているアレルギーの原因をすべて調べることというのは難しいのです。ですから、あらかじめ、花粉症の原因になるであろうアレルギーの原因の物質をあらかじめ決めておくことで血液検査で花粉症であるかどうかを調べてもらうことができます。保険診療での血液検査というのは健康保険が利きませんから自費になります。ということはいくつもの抗体について、いろいろと検査をしてもらうということになれば、それだけ費用もかかってくるといわれています。花粉症の検査を行っているところは今は色々な病院があると思いますから、検査とその後のカウンセリングにかかる費用などもチェックしながら一度受けてみるとはっきりしていいですね。

花粉症と塗り薬

花粉症にはいろいろな薬がありますが、目薬や飲み薬があるというのは知っている人も多いと思いますが何と塗り薬があるんですよ。最近話題になっている花粉症の塗り薬というのは、マスクがいらない花粉症対策グッズとして知られているのですが、これを発売しているのがフマキラーです。製品名は花粉鼻でブロックという名前の商品なんですが、これを鼻の中に塗っておけば、塗るだけでマスクも付けずに外に出ても大丈夫なんだそうです。花粉はもちろんのこと、ダニやペットの毛なども防いでくれるといわれています。使い方は簡単で、この花粉症の塗り薬を鼻の入り口に塗っておくだけでいいそうです。花粉症の塗り薬はドイツで誕生したのですが、薬といえば、たいていは眠くなる成分が入っていたりしますが、この塗り薬ならなりませんし、副作用の心配もありませんからお子さんでも、赤ちゃんを妊娠している人で花粉症の薬が飲めずに困っている人でも誰でも利用することが出来ます。これからもっと花粉症の薬というのは販売されてくると思いますが、塗り薬で対処できるのであれば、マスクが付けられない仕事をしている人でも、安心してマスクをはずして仕事ができますから、いいですよね。

花粉症の治療法

花粉症の治療法というのは、人それぞれ治療法が変わっていると思います。というのも、症状が人それぞれ違いますから、その人の症状に合わせて花粉症の治療法は決まります。体質の違いによっても治療法というのは変わってきます。花粉症の治療法としては、花粉のピークの時には、花粉症の症状を抑えたり和らげたりすることに重点を置いて行われるのですが、花粉が飛び始める前から、花粉症の治療法を見つけていれば、症状は比較的軽く済むといわれています。例えば花粉症の治療法として最近人気なのが漢方薬を使っての治療法です。漢方薬を使えば、症状が全く出なくなったという人も中にはいます。その人の症状に合わせて漢方を処方しますから、その人にぴったりの花粉症治療法というわけです。花粉症治療法は漢方薬以外にもいろいろとありますし、病院によっても進めている治療法というのは違っていると思いますが、自分が花粉症治療法を探したいと思っているのであれば、やはり根本的な体質改善から行えるような治療法を見つけるのが一番ですし、一人の力では無理だと思いますから、相談をして医師によって自分にぴったりの花粉症治療法を見つけてもらうといいかもしれませんね。

花粉症の予防接種

花粉症の予防接種があるといわれていますが受けたことがあるという人はいるでしょうか?花粉症の予防接種をしておけばピークの時の花粉症の症状が軽くなるとして知られていますが、その成分は何でしょうか。花粉症の予防接種の中に含まれている成分というのはステロイドです。ステロイドは服用し続けると様々な器官に支障を起こしますし、副作用もあるといわれている成分です。そのステロイドが花粉症の予防接種として利用されているようです。花粉症の予防接種をすれば、アレルギーの反応を鈍くさせることができますから、インフルエンザの予防接種のように、インフルエンザの抗体をあらかじめ体の中に入れておいて予防するというような意味とは少し違った方法です。花粉症の予防接種をした人はだいたい1シーズンは効果が持続するといわれていますから春先に花粉症にかかるという人は1シーズン予防できると思います。気になる費用ですが、インフルエンザの予防接種などと同じように、保険の適応外になりますから、花粉症の予防接種の場合も自費での接種ということになり、病院にもよりますが、だいたい1万円から2万円位といわれていますから、副作用などの点もよく考えたうえで、花粉症の予防接種は受けましょう。

花粉症と目薬

花粉症の症状がひどい人は花粉症のシーズンは目薬が欠かせないという人も多いのではないでしょうか。花粉症の症状の一つに、目のかゆみなどを訴える人も多いですし、目が充血したり結膜炎になってしまう人も多いといわれていますから、花粉症で目の調子が悪いという人にとっては目薬は必需品です。花粉症用の目薬なども販売されています。花粉症による目のかゆみや充血をとることが出来る目薬です。また最近は目薬ではないのですが、目を洗うことが出来る薬もありますね。小さなコップの中に液体を入れて目の上へコップを当てて、何度も目を閉じたり開けたりすることで目を洗うことが出来るというものです。目の中に花粉が入ったままになってしまっていると花粉症の症状もひどくなりますから、花粉症の症状を緩和させるためには、目の洗浄も必要です。花粉症の時期になるとドラッグストアーなどでも目薬のコーナーなどが設けられますから、自分の症状に合わせて目薬を選ぶといいですね。花粉症の人で目薬が手放せない人は、メガネやゴーグルなどをつけて外出をするようにして、できるだけ目に花粉が入らないようにするということも大切な花粉症対策の一つになりますから、合わせて実施しましょう。

花粉症と手術

最近は耳鼻科で花粉症の手術を行っているところが増えていますがご存知でしょうか?花粉症の手術というのは鼻の中のレーザー手術のことです。花粉症の症状になやんでいる人が、アレルギー反応の起きる鼻の粘膜をレーザーで焼くことによって花粉が入ってきたとしても粘膜がアレルギー反応を起こさないようになりますから、花粉症の症状が和らぎますし人によっては感知するという人もいます。花粉症というのはアレルギー体質の人が起きやすいといわれている免疫が原因の病気ですから、鼻のアレルギー部分だけを抑えても完全に花粉症の症状がなくなるというわけではないということは覚えておきましょう。花粉症の手術の多くは、日帰りで手軽にできるというメリットがあります。外来で受けられますし、血が出ることも痛みなども少ないので負担も軽いですね。麻酔をして行いますが、局部麻酔です。花粉症の手術で痛いのは麻酔を入れるときのガーゼの痛みぐらいだそうで、あとは痛まないといわれていますから安心してください。大人だけでなく子供の花粉症にも手術をすることができます。花粉症のレーザー手術をしてからの効果は7割から8割といわれていますが、効果は1-2年で、また効果が薄れると受け直す必要があります。

花粉症のアンケート

花粉症に悩んでいる人はとても多いのですが、花粉症に悩んでいる人のアンケートを見たことがありますか?もしもあなたが花粉症に悩んでいるのであれば、一度アンケートを見てみるととても参考になっていいと思いますね。たとえば花粉症のアンケートにはどのようなことが書かれていたのかというと、花粉症のアンケートの中では、毎年どれくらいの時期から花粉症対策をしているのか?という質問がありました。皆さんかなり優秀で、その時の答えには、だいたい3―6か月前から少しずつ花粉症対策を始めているという人が多かったです。そして他にも花粉症の時に外出するときにはどのような格好をしているかというアンケートもあったのですが、完全防備で、メガネにマスク、防止にナイロン製のコートやジャケットを着て出かけるという人がほとんどでした。また効果のあることとして実践していることとしては、ヨガやピラティスで抵抗力をアップさせているという答えも花粉症のアンケートにはありましたし、ヨーグルトを毎日食べるなど食生活面で気をつけているという人も多かったように思います。このように花粉症のアンケートを見てみると、同じ花粉症に悩んでいる人がどんな対処法をしているのかなどを知ることができます。

花粉症と家畜

花粉症と家畜と聞いてもいまいち関連性が思い浮かばないという人もいるかもしれませんが、花粉症と家畜は関連性があるんです。ヨーロッパえ家畜のえさとしてつかわれているイネ科の牧草があるのですが、それも、花粉症の原因となる植物の一つです。日本では家畜に牧草を使うというのは特定の地域だけかもしれませんが、ヨーロッパは家畜をしているところが多いようでかなりの花粉症の原因になっている植物が取り扱われています。花粉症というのは国によっても原因になっている植物は違っています。例えばアメリカの場合にはブラクサが花粉症の原因として多いですし、ヨーロッパの場合には先ほどの家畜のえさや肥料になっているイネ科の植物、カモガヤなどが花粉症の原因になっています。日本で多いとされているスギ花粉というのは、日本だけの花粉症の原因植物で、他の海外の国々ではスギがありませんから花粉症の原因物質にはなっていません。花粉症と家畜はですから、原因になっているという関連性がありましたね。旅行などでヨーロッパなどへ行く場合も家畜などをやっているサイロに安易に入ってしまうと花粉症の症状が出て辛い思いをすることもあると思いますから、注意した方がいいですね。

花粉症と塗るマスク

今花粉症対策として色々とマスクが販売されていますが、その中には、塗るマスクというのもあります。塗るマスクというのはマスクではなくて鼻の中に塗るタイプのマスクでいってみれば塗る薬です。鼻の中に塗っておくだけでマスクをしているのと同じように鼻の中に花粉が入るのをガードしてくれるんだそうです。仕事がら、普段花粉症の時期でもマスクを外さなければいけない人や、マスクをすると化粧がとれてしまうこと、人からの見た目が気になるという人でマスクを花粉症の時につけられないという人にとっては、塗るタイプのマスクというのはとてもうれしいのではないでしょうか。花粉症対策としてマスクは今や欠かせないものです。いろいろと立体裁断されているものから、99.9パーセントちりも埃も花粉もシャットアウトしてくれるようなマスクなど、いろいろと販売されていますが、やはり特に女性や営業、接客などで人に会う職業の人にとっては、マスクをつけられないという辛さがあったと思います。その点塗るマスクなら、一日に数回鼻の中に塗っておくだけでマスクをつけているのと同じ効果を期待できますから、これならマスクが付けられない人の花粉症対策にもなりますよね。

花粉症のイラスト

花粉症のイラストと聞いてどんなイラストをイメージしますか?私は花粉症のイラストと聞くと、まず、とても大変そうな顔をしている女性のイラストで、マスクをしているとか、顔の周りに花粉が飛んでいるような感じのイラストをイメージしますね。困ったって感じの顔をしているイラストがなんとなく花粉症のイラストのイメージです。最近は自分のブログを持っているという人も増えていますが、ブログには自由にイラストを掲載したりすることができますよね。イラストはフリー素材のサイトなどからもらってくることができますが、花粉症の季節には、花粉症のイラストが欲しくなるかもしれませんね。私はまだ花粉症のイラストは使ったことがないのですが、花粉症のイラストではなくてよく似たもので風邪のイラストなら使ったことがあります。やっぱり目は×になっていて、つらそうでくしゃみが出そうな顔でマスクをしているイラストでした。花粉症のイラストもきっとそんな感じなんでしょうね。花粉症の時期にブログを書いたりするときに花粉症のイラストがあるといいかもしれませんね。ブログなどに利用する際は、フリーで自由に使ってもいいイラストを利用しましょう。勝手に利用するとトラブルになります。

花粉症のメカニズム

花粉症の人は花粉症のメカニズムを知っておくと花粉症対策になるのではないでしょうか。花粉症というのは、杉やヒノキといった樹木やイネなどの草花の花粉が原因で起きているアレルギーの病気の一つですが、どうやって花粉症が起きているのか、そのメカニズムを簡単に紹介したいと思います。まず花粉は、どこから入ってくるのかというと、おもに鼻や喉から侵入してきますし、目からも入ってきます。そして体の中に入った花粉はリンパが侵入者、異物として認識をしてしまいます。そしてリンパが抗体を作ります。この抗体が肥満細胞にくっつくことでくしゃみや鼻水などの花粉症の諸症状が現れるというメカニズムになっています。その後また花粉が入ってくると、化学物質が分泌されるようになってしまいます。花粉症のメカニズムはこのようになっていますが、簡単にいってみれば、人間の体は花粉を異物としてとらえて、それを受け入れるのかどうかを考えるのですが、粘膜の肥満細胞と合体することでアレルギーとして拒絶反応を起こしてしまうのです。それによってくしゃみが止まらない、鼻水鼻づまりや目がかゆい、結膜炎になるといった花粉症が起きてしまうのです。花粉症のメカニズムを知っておけば対策の参考になるかもしれませんね。

花粉症カレンダー

花粉症の人がチェックしておくといいものの中に、花粉症カレンダーがあります。花粉症カレンダーというのはどんなカレンダーなのかというと、花粉症のシーズンに、どの花粉がいつ位まで飛ぶのかという飛散時期を表しているカレンダーです。これを見れば誰でも花粉症の時期について一目で見ることが出来ると思います。花粉症カレンダーは大きく分けているものと、全国の地域別で細かく分かれているものがあります。今はインターネット上でも手軽に花粉カレンダーをチェックできるようになっていますから、いろいろなサイトに掲載されている花粉症カレンダーを見てみるといいかも知れませんね。花粉症カレンダーを見てみると、たとえば、杉花粉ならいつからいつまで飛散して、一番のピークがいつなのかということなどがすぐにわかりますから便利です。花粉症にかかっている人はできるだけ花粉症カレンダーを細かくチェックすることであらかじめ心構えやピークに対する対策を練ることが出来ると思います。花粉症カレンダーは花粉症のシーズンになるとテレビなどの天気予報でも知らせてくれますし、また携帯のサービスとして携帯にメールで届くというサービスを行っているところもあります。

花粉症と沖縄

花粉症に悩む人がいま沖縄に移住しているといわれていますがご存知でしたか?花粉症対策で沖縄に移住?と思った人もいるかもしれませんが、実は沖縄というのは花粉症がありません。なぜ沖縄に花粉症がないのか、それは沖縄には杉がないからです。それだけでなく他の花粉についても、本土に比べれば、飛散が少ないといわれていますから、沖縄へ行けば辛い花粉症ともおさらばできるというわけですね。確かに妹が沖縄に嫁いだのですが、いつも花粉症に悩まされている彼女も、最初の年に、花粉症の症状が出なかったことに気がついていました。やっぱり沖縄は花粉がないのかもしれませんね。ですから最近は花粉症で悩んでいる人たちが、沖縄に第二の家を購入したり、定年でリタイアした人たちが沖縄に移り住んでいるという話もありますよ。花粉症に悩んでいる人は、一度沖縄の不動産情報もチェックしてみてもいいかもしれませんね。他にも沖縄で有名な泡盛りというお酒がありますが、このお酒、実はアレルギーを抑える効果もあるんだとか。それが花粉症のアレルギーにも効果があるといわれていますから、それならきっと花粉症で悩む人が少ない理由がわかりますね。花粉症で悩んでいる人は沖縄に注目です。

花粉症の患者数

花粉症の患者数は今とても多いといわれているのですが、どれくらいだかご存知でしょうか?国民の病気とも言われている花粉症は何と現在の日本では2000万人は花粉症に悩む人がいるといわれています。その中でも花粉症のいちばんの大御所であるスギ花粉にかかっている人は60パーセントから70パーセントもの人がスギ花粉患者といわれています。換算してみると国民の6人に一人は、花粉症患者ということになるのですが、かなりきついですよね。これだけ花粉症患者が増えている日本は、花粉症の国といってもいいかもしれませんね。スギ花粉患者は1200万人から1400万人もいるといわれているのですが、毎年増えているとも言われています。しかも花粉症患者は大人に限らず、最近は小さな乳児でも花粉症患者になるといわれていて、それだけアレルギー反応が起きているということがよくわかります。花粉症患者がこれからも増え続ける背景には現代病や欧米化などの日本が歩んできた過程の変化もあると思います。花粉症患者が増えたことで実はうれしい業界もあるのです。それは花粉症グッズを販売しているメーカーなどは軒並み売り上げが上昇していることでかなり喜んでいますね。しかしながら花粉症患者で受験生などはかなり辛い現状にあるのではないでしょうか。

花粉症とレーシック

これからレーシックの手術を受けようと思っている人の中には花粉症の人もいると思います。レーシックの手術を受けるにあたっては色々と注意点があるのですが、その中の一つに花粉症があります。レーシックというのは視力が回復するといわれている手術で、今多くの人が視力回復を目的としてレーシックを受けています。花粉症の人はレーシックの手術を受けることができないというわけではありませんが、レーシックの手術を受けるのであれば、花粉症の時期を外す必要があります。レーシックの手術を受けた後はだいたい1ヵ月は目をこすってはいけないことになっていますし、寝ている間に万が一こすってしまわないように保護のメガネも付けて寝るほどなんです。そういったことから考えると花粉症の時期というのはそれでなくても目がかゆかったり充血したりしますから、レーシックを受けるには向かないのです。花粉症の人は特に目をこすり可能性がありますから気をつけましょう。レーシックを受けるのであれば、目の調子がいい万全の時期に受けることをお勧めしますし、花粉症やアレルギー性鼻炎の症状が万が一年中出ているという人などはまずは医師に相談をしてからレーシックを受けるといいでしょう。

花粉症とカモガヤ

花粉症の中にカモガヤ花粉症の人がいるといわれています。カモガヤ花粉症いうのはカモガヤという植物が原因で起きる花粉症なのですが、もともとはカモガヤは、日本にはない種類の植物だったのです。明治を過ぎてから、牧草にするために外国からカモガヤが輸入されたことがきっかけで国内に入ってきましたが、おもに北海道で生育していました。その後戦争になり戦後牧草が全国に広まっていったことでカモガヤは全国的に生育する植物になりました。しかしカモガヤ花粉症があるということはあまり知られていなかったのですが、カモガヤ花粉症になる人が、犬の散歩をしている時になるなどとして色々と調べているうちに、犬の散歩のコースに合った雑草のカモガヤの花粉を発見して、それが花粉症の原因になっているということがわかりました。カモガヤ花粉症の症状はほとんどスギ花粉と同じなのですが、くしゃみが止まらなかったり、鼻水が出たり鼻がつまったりします。カモガヤ花粉症はまだそれほど有名ではないので風邪と間違える人も多いかもしれませんが、毎年同じ時期に風邪を引くという見覚えがある人はカモガヤ花粉症かもしれませんね。スギというのは北海道にはありませんから、北海道で花粉になる人はカモガヤ花粉症が多いかもしれません。

花粉症とヒノキ

ヒノキの花粉症で悩んでいる人は多いですよね。スギ花粉がおわって、やれやれと思っているとヒノキ花粉のシーズンになって、飛散した花粉により花粉症を発症する人は多いと思います。花粉症の原因になっているヒノキは、鹿児島県や福島県にたくさんありますが、中国地方にも多いといわれています。ヒノキ花粉のヒノキの花粉はいつごろ飛散しているのかというと、だいたい、四国地方では3月の初めから5月の初めごろくらいまでが飛散時期として知られています。覚えやすいいい方をすれば桜が開花するころにヒノキ花粉が飛散すると思うといいと思います。スギ花粉が飛散し終わってからということになります。スギ花粉で花粉症になりやすい人というのは、ヒノキ花粉症にもなりやすいといわれているのですが、その理由というのは、スギ花粉とヒノキ花粉の構造がよく似ているからなんだそうです。スギ花粉は、ヒノキ花粉に比べるとかなりの量が飛んでいますが、これからヒノキ花粉も増えつつあるといわれています。ヒノキ花粉は、40年前に比べると何とたった数十年のうちに量が3倍に増えたといわれていますから、これからもヒノキ花粉症で悩む人というのは年々増えていくかもしれませんね。

花粉症とセイタカアワダチソウ

花粉症の原因の一つニセイタカアワダチソウという草があります。この草、茎の高さがかなりあって、1メートルから3メートルにまで成長するんだそうですよ。しかも多年草だそうで、一年を通して花粉症の症状のセイタカアワダチソウが生えているといってもいいと思います。もともとは北アメリカで生育されていた植物だったのですが、明治時代以降に日本では鑑賞用として作られていたのが、戦後には栽培しなくても河原や空き地などに急に増えて行って野生化して今は雑草のように野生化したセイタカアワダチソウを見ることができます。セイタカアワダチソウの花粉が飛ぶ時期というのは10月から11月ごろが主な花粉の飛散時期で、実はセイタカアワダチソウの生命力というのはとても強いといわれていて、日当たりがいい場所だったらどんな場所でも育つそうですから、花粉も飛びまくっているそうです。10月から11月にかけて、なんだか調子が悪い人や、風邪を毎年同じ時期にひいているという人は、セイタカアワダチソウの花粉症かもしれませんから、注意して見るといいかもしれませんね。河原や土手などでセイタカアワダチソウを見かけても花粉症の人は花粉を巻き散らかさないようにそっとしておくのがいいでしょう。

花粉症と泡盛

花粉症には泡盛がいいといわれているんですが知っていましたか?泡盛と言えば、沖縄の特有のお酒ですが、泡盛が花粉症に効果があるという情報が流れたのが2007年の花粉症ピークを迎える少し前だったようです。はじめはインターネット上で泡盛が花粉症に効くという噂が広まったのですが、その後色々なメディアで花粉症と泡盛の関係については取り上げられてきました。テレビのニュース番組でも放送されて泡盛が花粉症に効果があると沖縄からの生中継もしていたんだそうです。泡盛りを飲み始めたという人がそれまで辛かった花粉症の症状がかなり軽くなったと言っているのですが、効果はアンケートを行ったところ、600人中200人が泡盛で花粉症が軽くなったという意見を出しているんだそうです。実際には花粉症に泡盛が効果があるのかということで成分の分析などを研究してみたところは有効かどうかははっきりとつきとめることが出来なかったとしていますから、これは本当に効果があるのかということはまだなぞに包まれています。しかし適度なアルコールというのは、アレルギーを抑える働きもしてくれるのかもしれませんね。沖縄の泡盛を飲んで花粉症に効くのか自分で試してみるのもいいですね。

花粉症とキンモクセイ

花粉症の原因になっている植物や樹木というのは色々とありますが花粉症の原因の一つにキンモクセイがあります。花粉症に悩む人の中にはキンモクセイの香りがだめだという人もいますね。実際にキンモクセイの花粉が原因で花粉症になっているのかはわかりませんが、キンモクセイの香りをかいだだけで花粉症になるという人も中にはいるようですから、これは大変ですよね。私も以前住んでいた家の庭にはキンモクセイの樹木がありました。とってもいい香りがしていたのですが、母がキンモクセイの香りをかぐと、くしゃみが止まらないといっていましたから、今から考えてみるとキンモクセイ花粉症だったのかもしれません。その当時は今ほど花粉症というのがメジャーな症状ではなかったですから、アレルギー性鼻炎の一種か、風邪といった認識でした。キンモクセイの香りがする季節には、ブタクサの花粉が飛ぶ時期とも重なっていますから、もしかするとキンモクセイの花粉ではなくて、ブタクサの花粉症である可能性もありますよね。ブタクサの花粉症はひどいといわれていますし、結構ブタクサで花粉症に悩む人は多いといわれていますから、キンモクセイが原因かどうか一度調べてみるといいですね。

花粉症とキャンディー

花粉症に効くキャンディーがあるのですが食べたことがありますか?今は色々な花粉症グッズが販売されていますが、花粉症のキャンディーもその一つではないでしょうか。花粉症のキャンディーは、どんなものなのかというと、いろいろなものが色々なメーカーから販売されていますが、ハーブの効果が元になったキャンディーが多いのではないでしょうか。かなりメントール効果が効いていて鼻が抜けるくらいにスーッとするような効果のあるキャンディーが花粉症の対策キャンディーとして販売されていると思います。私も花粉症に悩みますから一度キャンディーを買って食べたことがありますが、なんといってもメントールがきつい!刺激がかなりあります。花粉症の症状の鼻づまりや鼻水がかなりすっ飛んでしまうといった感じです。もしもあなたが、ハーブ系が苦手であったり、メントールが効いているのが苦手ならちょっと食べられないかもしれませんね。一時的には花粉症の症状の鼻水などを抑える働きはあるのですが、それも一時的なもので、またすぐに鼻水が出てきます。そしてまた花粉症キャンディーを食べるんですが、なめすぎると口の中が痛くなるので食べすぎには注意してくださいね。

花粉症と頭痛

花粉症の症状の一つに頭痛の症状があります。毎年花粉症になると頭痛がしてきて悩んでいるという人は結構多いようです。花粉症と頭痛のつながりというのははっきりとは分かっていないようなのですが、やはり花粉症のトラブルというのは体全体への影響を出していることは間違いないですね。花粉症で頭痛が起きる人と起きない人の違いはやはりアレルギー体質であるか、そうでないか、重症になりやすいのか、そうでないのかということに違いが出ていると思います。頭痛というのは症状にもよるのですが、花粉症の症状が重い人ほど頭痛の症状も重いといわれていますね。鼻の粘膜で炎症が起きていて、くしゃみが止まらないとか、鼻水が出るといった位ならいいのですが、鼻の奥の部分で何らかの炎症を起こしていたり、蓄膿になっているという場合には、頭痛が伴うといわれています。もしもひどい頭痛が花粉症によって起きているのであれば、その場合は手術を受けないといけないかもしれませんね。花粉症の人で重症の人の中には頭痛で動くことができないという人などもいますからそうなる前に早めに病院へ行って手術してもらうなり対処法をアドバイスしてもらう尾というのがいいと思います。